NPO法人戦後映像芸術アーカイブ(PJMIA)活動実績 (2014年度〜2017年度)

NPO法人戦後映像芸術アーカイブ(PJMIA)の、2014年度〜2017年度の活動実績をまとめました。
NPO法人活動実績(2014年度)
NPO法人活動実績(2015年度)
NPO法人活動実績(2016年度)
NPO法人活動実績(2017年度)

戦後映像芸術アーカイブの概要については以下の通りです。
http://pjmia.wordpress.com/organization-profile/

特定非営利活動法人 戦後映像芸術アーカイブ(PJMIA)
概要:
戦後映像芸術アーカイブは、戦後日本における非商業的な作品と、それに関わる文書資料をデジタル化して、研究者および美術館・映画祭などへ提供する特定非営利活動法人です。2011年に関連する作家の作品調査・資料整理を開始し、2012年に設立準備会を立ち上げ、2014年1月に大学教員や美術館学芸員によって設立されました。このデジタルアーカイブの運用によって、当法人は日本の映像芸術の研究基盤の拡充に寄与します。当法人はボランティアで運営されており、報酬を受け取っている会員はいません。収益は法人税・事務費に充てられ、残った純利益は、作品や文書資料のデジタル化費用に充てられます。

デジタルアーカイブの運用について:
当法人は作家監修のもとで、フィルム・アナログビデオで制作された作品を、現在のデジタル上映環境に適したクオリティ(4K~2Kのムービーファイル)でデジタル化し、必要に応じてプリントも作成します。また、文書資料に関してもデジタル化を行います。これらにかかる費用は法人の純利益によって賄われます。会員が交付を受けた科学研究費による成果物の移管も、積極的に受け入れます。これらのデジタルアーカイブは研究者に向けて公開されるほか、美術館・映画祭に貸し出されます。当法人は、全ての貸し出し・出版依頼に対応することを原則としています。当法人は他の機関と連携をとって活動しており、長期的な保管が必要なフィルム・アナログビデオと文書資料については、可能な限り管理施設を持つ美術館に寄贈する方針をとっています。

理事・監事
代表理事:阪本裕文(稚内北星学園大学教授)
副代表理事:濱崎好治(川崎市市民ミュージアム学芸員)
副代表理事:吉田拓(映画研究者)
監事:川崎弘二(音楽研究者)

なお、阪本が現在取り組んでいる科研費課題「日本映像芸術の1960-1970年代:その歴史的全体像について」のなかでは、相原信洋氏の現存する全作品のニュープリント作成およびデジタル化や、中島崇氏の『セスナ』の8mmから35mmへのブローアップおよびデジタル化などを進めています。

科学研究費 基盤研究(C)「日本映像芸術の1960-1970年代:その歴史的全体像について」(研究課題番号:15K02184、研究代表者:阪本裕文)
http://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15K02184/

これらの成果物についても、連絡をいただければ著作権者の許可を得た上で提供することができます。科研費課題の研究期間は2017年度までですが、その後は戦後映像芸術アーカイブにおいて、その都度著作権者の許可を得ながら提供してゆく予定です。

(このエントリーは、フロントページに固定して、定期的に追記します。)

Advertisements