告知「再:生成 相原信洋 Re:GENERATION Nobuhiro Aihara」


「再:生成 相原信洋 Re:GENERATION Nobuhiro Aihara」
期間:2月10日(土)~2月16日(金)
会場:渋谷UPLINK
料金:1回券1,500円/会員1,000円
http://www.uplink.co.jp/movie/2018/50105

2月10日(土)【Aプログラム】17:30~18:50【Bプログラム】19:30~20:41
トーク:ひらのりょう(アニメーション作家)
    土居伸彰(ニューディアー代表/新千歳空港国際アニメーション映画祭)

2月11日(日)【Cプログラム】17:30~18:50【Dプログラム】19:30~20:39
トーク:木下小夜子(広島国際アニメーションフェスティバル)
    阪本裕文(NPO法人戦後映像芸術アーカイブ/稚内北星学園大学教授)

2月12日(月)【Aプログラム】17:30~18:50【Eプログラム】19:30~20:36
トーク:牧野惇(P.I.C.S./映像ディレクター)
    阪本裕文

2月13日(火)【Cプログラム】21:00~22:20

2月14日(水)【Bプログラム】19:30~20:41
トーク:石田尚志(美術家・映像作家)
    西村智弘(美術・映画評論家)

2月15日(木)【Dプログラム】21:00~22:19

2月16日(金)【Eプログラム】21:00~22:16

精緻なドローイングとサイケデリックな色彩によって混沌とした世界を描き出した、日本を代表する個人アニメーション作家・相原信洋[1944〜2011]。2011年に滞在中のバリでの急逝より、今年で早くも8年となる。アニメーションの世界にとどまらず、実験映画にも通じるアヴァンギャルドな映像世界に影響を受けたアーティストは数多い。70本に及ぶその膨大な作品群は、2016年よりフィルム整理とデジタル化が進められていたが、このたび全ての作業が完了した。今回の上映では高精細なデジタルで蘇った相原の作品を、年代ごと5プログラムに分けて一挙上映する。

Aプロ「記録するアニメーション[1969-1973]」では、当時の政治的な空気を感じさせる『Stop』や、作家の幼少期の記憶とアニメーションが混ざり合った『やまかがし』『みつばちの季節は去って』などが上映される。
Bプロ「拡張するアニメーション[1974-1981]」では、アニメーションの枠組みを超えて外の世界に拡張してゆく『Stone』に連なる作品と、精神の内奥をドローイング・アニメーションによって探求する『妄動』に連なる作品が上映される。
Cプロ「Animated Psychedelia Ⅰ[1974-1981]」では、『逢魔が時』『映像(かげ)』によって確立される、相原信洋ならではの、ドローイング・アニメーションによるサイケデリアが炸裂する。その強度はDプロ「Animated Psychedelia Ⅱ[1982-1991]」において増大してゆき、『ZAP CAT』で極点に到達する。
Eプロ1「Small Animation[2009-2010]」は、晩年にアーティスト・イン・レジデンスで制作された、小さな工芸品のようなアニメーション群を上映するほか、Eプロ2「未編集+レア映像」では、エクスパンデッドシネマ的なパフォーマンスのための『LIGHT』や、『Stone』の未使用素材、完全なかたちで現存しない作品の残存部分などを上映する。

主催:UPLINK・NPO法人戦後映像芸術アーカイブ・阪本裕文・五十嵐健司
協力:大島治、大西宏志、Lumen Gallery
※上映素材のデジタル化作業は、JSPS科研費15K02184の助成を受けたものです。


上記の通り、2016年より開始された相原信洋作品のデジタル化作業が完了したので、その全成果を渋谷アップリンクにて一挙上映します。2017年4月に京都ルーメンギャラリーで開催された「相原信洋七回忌追悼映像展」と、2017年8月に札幌第2マルバ会館で開催された「LOTUS 相原信洋作品上映会」の東京編となります。上映される作品は、個人作品のみで全部で70本にも及びます。2016年の春に京都造形大にお伺いして、保管されていたフィルム缶の山を見た時には、これはかなりの難作業になりそうだなと思いましたが、本当にそうなりました。その後、フィルム整理を開始したのですが、画ネガが未編集だったり、そもそも音ネガがなかったり、上映用プリントにバージョン違いがあったりして、デジタル化の作業は結局2017年の夏の終わりまでかかりました。細かい注文に対応してくれたイマジカや、フィルム整理に協力してくれたフィルムセンターの方には感謝です。ちなみに、デジタル化作業の完了した相原作品のネガや上映用プリントは、全てフィルムセンターに寄贈されました。これで一安心なので、あとはデジタル化した上映素材を観てもらう機会を幅広く作ってゆくだけです。

トークゲストについても少し書いておきます。10日はWIREDでの連載「ワールドアニメの生態学」で新鮮な対談を繰り広げたひらのさんと土居さんに、相原さんをテーマに自由にトークしてもらいます。11日は相原さんの永年の理解者であった広島国際アニメーションフェスティバルの木下さんに、相原さんとのかかわりや思い出話をお聞きします。そして、12日はメジャーなミュージシャンのMVを手がけたりしているP.I.C.S.の牧野さんに、相原さんのワークショップで学んだ思い出をお聞きし、教育者としての相原さんの側面に光を当てます。14日は相原さんに匹敵するアニメーションの異端といえる美術家・映像作家の石田さんと、実験映画に詳しい西村さんにアナーキーなトークをキメてもらいます。それぞれ異なる視点からのトークが聞けると思うので、よろしくお願いします。

Advertisements