Trap/HipHop MV 2018

2018年にリリースされたMVでよく聴いた、あるいは印象に残った日本語のトラップ/ピップホップを10点ピックアップ(楽曲のみアップされたものも含んでますが)。全体としては、去年と変わらずエモさとハードコアさが同居したものが好みだった模様。

KID FRESINO – Retarded (Official Music Video)

KID FRESINO – Coincidence (Official Music Video)

KID FRESINO – Arcades ft.NENE (Official Music Video)

Febb as Young Mason – SLAY (Prod. Chaki Zulu)

ゆるふわギャング “Psychedeligood”

kZm – Dream Chaser feat. BIM (Prod. Chaki Zulu)

kZm – EMOTION (Chaki Zulu Remix)

Jin Dogg – 彼岸花 (cluster amaryllis) ft. Young Coco (Official Music Video)

YDIZZY – not (dead) (Prod. Chaki Zulu)

Jin Dogg & YDIZZY – set (Official Music Video)

Febb亡き後にリリースされたKid Fresinoの『ài qíng』は、ヒップホップ云々ではなく個人の痛みのようなものが普遍化された表現として印象的で、今年の秋から冬にかけて飽きもせず繰り返し聴いた(Fla$hBackSの諸作品と交互に)。音楽的にもユニークで、トラップとは違うやり方でヒップホップの典型からの逸脱を果たしており、ある音楽のスタイルが再編される過程で生じる面白さが、いたるところに表出していた。これもラッパーがトラックメーカーを兼ねているからこそ可能となったアプローチなのだろう。
ゆるふわギャングの空虚さや喪失感を内包したアンビエントな楽曲も、夏頃によく聴いた。ゆるふわにはKid Fresinoの現在の方向と一致するものがあり、この二者が接近するのは必然だったと思える。
今年のYENTOWNを引っ張ったのは間違いなくkZmの『Dimension』だった訳だが、この作品も、トラップ以降の何でもありになったヒップホップを象徴する作品としてよく聴いた。しかし、最も印象的だったのは、アルバムに収録された楽曲よりも、後日ひっそりとリリースされた「EMOTION (Chaki Zulu Remix)」だったりする。hnrkによる憂鬱なトラックが、Chaki Zuluによって、90年代のグランジのようなギターサンプルを中心に作り変えられており、初めて聴いた時にはそのギャップに衝撃を受けた。このような、トラップから一昔前のオルタナティヴロックへの跳躍が新しいものとして映るのはLil Peep以降の現象であるといえるが、それは逆説的にこの二つの音楽が根差しているものの共通性を示しているのかもしれない。トラップは、いまあるポピュラー音楽のなかでも、最も実存の問題を突き詰めた音楽だと思っているが、それは空虚さや喪失感を内包しながら、その空白を「いま・ここ」の享楽性に反転させることで成立しているのだろう。
一方、トラップをハードコアパンクのテンションにまで高めるJin Doggと、一時活動を休止していたYdizzyは両者ともに好調だったが、この両者が共演した「set」は、予想の斜め上をいくテックハウスのようなトラップで面白かった。短かったので続編を期待。

Advertisements